慢性蕁麻疹は抗アレルギー薬を飲み続けるしかないようです。

目次

ある日突然、蕁麻疹が出るように

上海駐在して間もない頃、全身に蕁麻疹が出るようになりました。

最初はダニや食物アレルギーを疑ったのですが、疲れがたまったり、風呂あがりで体温が上がっているときに必ず蕁麻疹が出るようになってしまいました。

ラグバ

痒くて眠れん!

診断の結果は慢性蕁麻疹。

原因は不明(というか、慢性蕁麻疹の人は皆原因不明なのだそう)です。

それ以来、ザイザル(ジェネリックだとレボセチリジン)を毎晩2錠飲み続けるようになりました。

▲長い付き合いだな。

飲むのを止めた途端に蕁麻疹が出てくるので、病院の先生曰く「医師の判断が無い限り自分の判断で勝手に飲むのを止めてはいけない」そうです。

夕食後に毎晩2錠飲むのは苦ではないのですが、薬を処方してもらうために毎月1回は病院に行かないといけないのが地味に面倒。

ただ、良いこともあって、抗アレルギー薬なので花粉症にも効き目があるということ。

私はスギ花粉症なので毎年2~5月の期間は市販のアレルギー鼻炎薬(アレジオンとか)を購入していたのですが、ザイザルを飲んでいれば花粉症に悩まされることはなくなりました。

蕁麻疹に悩まされている人は市販の薬に頼る前にまずは内科を受診しましょう。

結果としてそのほうが薬代も抑えられますよ。

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる