DAHON K3にゴム水栓を取り付ける。

目次

サドルポストの底が気になって

折り畳んだ際、地面に接するサドルポストの底。

金属製のパイプがガリガリと傷つくのも嫌だったので、底がどうなっているのか見てみました。

▲サドルポストの底。

一応ドーナツ状のプラスチックキャップが付いていたのですが、プラスチックだと摩耗するしなぁ。。。

ラグバ

理想はゴム製のキャップだよな。

▲内径は約21mm。

ネットで探してみたものの、ゴム製でちょうど良いサイズのエンドキャップは見つからず。

そこで試しにゴム製の水栓を購入してみました。

▲直径23→19.5mmでテーパーが付いています。
▲Amazonで198円なり。
▲サドルポストの底穴に押し込むだけ。
▲折り畳んだ際にサドルポストは斜めに接地するので、もう少しオーバーに飛び出していたほうが良かったかも。

正直もう少し飛び出していたほうが良かったのですが、一応は機能しているようなのでこれで良しとします。

【2021/08/29追記】やはり気になるのでワンサイズ大きい水栓に買い替えました。

▲7号です。直径24.5→21mmのテーパー。Amazonで498円ナリ。
▲直径が1.5mm大きくなるだけでここまで違う。
▲これならゴム栓しか地面に触れませんね!

このゴム水栓は1〜22号までとサイズ展開が豊富なので、自分の自転車にあったものが必ず見つかると思います。

現在の賃貸マンションにはたまたま個人用トランクルームが外に付いていたのでそこにK3を保管していますが、来春に引っ越す予定なので次は室内保管になると思います。

それを考えると室内のフローリングを痛める心配もなくなるので一石二鳥です。

部屋や車の荷室の床を傷つけたくない方はK3のサドルポストエンドにゴム水栓をねじ込んでおきましょう!

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる