STANLEY GO BOTTLE 0.37Lは通勤用にベストな水筒。

目次

今まではTHERMOS

自宅のマイコップはTHERMOSの真空断熱タンブラー。

個人的にTHERMOS製品は気に入っているので、通勤用の水筒もTHERMOSの真空断熱携帯マグ0.5Lを愛用しています。

▲たいぶキズだらけになってきた。

ただ、毎日バッグに入れて持ち歩くにはちとデカイ(長さ220mm、直径65mm)。

それに中身を全部飲み切らないこともしばしば。

なのでもう少し容量の小さい水筒に変えることにしました。

空飛ぶクマさんSTANLEY

▲100年以上の歴史があるブランド。今のロゴは2019年から採用。

選んだのはSTANLEY GO BOTTLEシリーズの0.37Lサイズ(長さ155mm、直径65mm)。

肝心の性能はTHERMOSもSTANLEYも一緒です。

  • 保温効力:48度以上(6時間)
  • 保冷効力:9度以下(6時間)
▲さすがシアトル。パッケージにもセンスが光る。

THERMOSの商品ラインナップにも0.35Lサイズというのがあるのだけれど、今回はSTANLEYにしてみました。

一番の決め手は「持ち手が付いている」こと。

▲蓋に付いているリング状の持ち手。社内で持ち歩く際に便利。

あと、この配色に一目惚れしてしまった。

この量産型ザクっぽいカンジが最高です。

ザク

ん?呼んだ?

あ、もちろんカラーバリエーションは他にもたくさんありますよ。

実際に使ってみての感想ですが、大きすぎず小さすぎず絶妙なサイズ感で、毎日の通勤が楽になりました。

PC片手に社内を移動する際にもリング状の持ち手を指に引っ掛けて持ち歩けるので快適です。

ちょっとオシャレな水筒をお探しの方にもオススメ!

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる