ミキシングビルドで自分好みの1/144HGUCガンダムを制作してみる。

目次

1/144ガンダムは種類が多すぎるが故に悩ましい

RX-78-02ガンダムのプラモデルは今までたくさん購入してパチ組みしているのですが、一度も完成させたことがありません。

自分にとってやはりガンダムは思い入れが強く、未完成病を発症しているということもあるのですが、種類が多い割には自分好みのプロポーションのガンダムが存在しなかったということも理由のひとつです。

ちなみに私の所有している1/144ガンダムは、

  1. HGUC_Gファイター付属のガンダム:ちょっと太すぎる
  2. HGUC_スターターキットの30thガンダム:モールド多すぎる
  3. RG_ガンダム:ポロリ多すぎる
  4. HGUC_リバイブガンダム:ウエストと脚が細すぎる
  5. HGTO_オリジンガンダム:胴体の排熱口の形状が好みではない
  6. EG_ガンダム:腕とかバックパックとか値段相応
▲ 文句ばっかり書いていますが、それぞれに味があって決して嫌いなわけではありません。私がワガママなだけです。

自分の中で「あーじゃないこーじゃない」とミキシングしてみて一番しっくりくる組み合わせを決めました。

テーマは「コアファイター内蔵ギミック搭載の最終決戦仕様ガンダム」です。

スクロールできます
胴体バックパックビームライフルバズーカシールドガンダムハンマー
①HGUC_Gファイター付属ガンダム
②HGUC_30thガンダム
③RG_ガンダム
④HGUC_リバイブガンダム●x2
⑤HGTO_オリジンガンダム●x2
⑥EG_ガンダム
●のパーツを採用

こうしてみるとやはりオリジンは優秀ですね。最近は手に入りやすくなったし。

コアファイターにこだわらなければオリジンを改修するだけで私の理想とするガンダムにかなり近づきます。

ただ、私の中ではコアファイターあってのガンダムなので、今回はミキシングで進めます。

ジム

さてさて、どうなるやら。

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる