DAHON K3に持ち手を取り付ける。

目次

Bromptonを参考に

Bromptonのカスタマイズでフレームに持ち手を取り付けているのをよく見かけます。

「いいなぁ。持ち運びしやすそう。」と思い、安めの持ち手を中国で購入してみたものの、そのままではワイヤーや折り畳みフレームのロックレバーに干渉してしまい上手く取り付けできません。

幸いナイロン生地だったので、干渉する箇所をカットしてみました(縫製の位置をよく見て分解してしまわないよう注意してカットしてね)。

▲ワイヤーとロックレバーを避けてこの位置に取付けられればOK。
▲取っ手でとっても持ちやすくなります。
ザク

ダジャレか!

ただ、持ち手の取り付け位置がドリンクホルダーの取り付け位置と被ってしまうので、どちらを設置するかトレードオフとなります。

ドリンクホルダーも購入しておいたものがあるのですが、ドリンクはバッグの中に入れることにして設置は諦めました。

私はK3を室内保管している関係上、どうしても折り畳んだ状態で2階の倉庫まで階段で登り降りする必要があるため、ドリンクホルダーより持ち手のほうが優先順位が高いのです。

カスタマイズしていると時には装備品の選択に迫られるケースも出てくると思いますが、自分の使い方を考えて優先順位を決めましょう。

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる