DAHON K3のサドルを交換する。

目次

お尻の形は人それぞれ

K3初期装備のサドルは形も重さも悪くはないので交換するか迷いましたが、30分ほど漕いでいるとお尻が痛くなってきてしまったので、クッション性の高いサドルに交換します。

▲初期装備のサドル。

購入したサドルは穴あきタイプなので通気性もアップ。

▲重さ<快適さ。

上海で70元(日本円換算で1,200円くらい)で購入しておいたDAHONのサドルですが、日本では同じものを見かけないので結構レアなサドルなのかも?

▲サドルの穴に指が引っかかるので折り畳んで持ち運ぶ際に持ちやすい。

サドルは簡単に交換できるので、お尻が痛いと感じる場合は思い切って交換してみましょう!

ただ、どうしてもお尻の形との相性があるので、ネットではなく実際お店に行っていろいろ試して決めたほうが失敗がないと思います。

ザク

おしり探偵だな。

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる