Mr.リニアコンプレッサーのフィルターを初めて交換してみた。

目次

こんなところにフィルターがあったなんて

私の愛機はL5。

持ち手がシルバーなことからも相当年季が入っていることが窺えます(今は持ち手がブラックだと最近知った)。

最大連続使用圧力0.10MPaなのでそこまでパワーはないのですが、デンドロビウムやネオジオングなどパーツ面積の広いガンプラ以外であればL5で十分です(但し、ウレタン塗装やりたい人は0.20MPa以上のパワーのあるコンプレッサー必須です)。

それに何よりも作動音が比較的小さいことが正義(50dBなのでネロブースよりは少し大きい音がしますが)。

音域も低めで、私は昼夜問わずマンションで快適に使用しています。

ラグバ

今まで一度もクレームないよん。

上海にも連れて行きましたが、ずっとトラブルなく働いてくれる私の相棒です。

そんな相棒を引っ越し荷物から引っ張り出し、埃を拭いてキレイキレイしてあげているとふと気になるネジが。

▲分解しちゃダメと思い、全く気にも留めていなかったネジ。

説明書を引っ張り出して読んでみると、この乳白色のカバーの中にはエアフィルターがいるらしい。

メンテナンスしたことがなかったのでカバーを外して中を確認してみましたが、画像の掲載は自主規制(察してください)。

ザク

公開できないくらい汚かったのか。。。

というわけで新しいエアフィルターを直販サイトから購入。

お値段1,980円+送料200円、、、高いけど仕方ない。

ウレタンスポンジということもあり古いフィルターは劣化が激しく、オレンジ色っぽく変色し、外そうとするとボロボロと崩れ落ちました。

ツールクリーナーでスポンジのカスをキレイに拭ってから新品を装着。

▲美しい!

最後にカバーを取り付けて完了。

▲エアー吸入口(煙突みたいな突起部分)が上を向いていると埃が入りやすいかもと思い、気分でカバーの上下を逆にしています。

フィルター交換してみて、何か劇的に良くなったと感じる変化は正直何もないのですが、私みたいに10年以上放ったらかしの人は一度(怖いもの見たさで)のぞいて見ることをオススメします。

ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる